「介護、認知症初期集中支援」について、「かかりつけ調剤薬局」を目指すチェリー調剤薬局グループのチェリーコラム。

  1. ホーム
  2. チェリー調剤薬局
  3. チェリーコラム
  4. 「介護、認知症初期集中支援」について

チェリー調剤薬局の薬剤師がつづるチェリーコラム

 

「介護、認知症初期集中支援」について

「介護、認知症初期集中支援」について01

こんにちは、今回は明和店が担当することになりました、宜しくお願い致します。
今回は介護、認知症初期集中支援についてお話させていただきます。
認知症には、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、脳血管性認知症、ピック病、の種類があります。
認知症は初期症状をみつけることがだいじです。

「介護、認知症初期集中支援」について02 認知症の人は何もわかってないのでなく、物忘れが増えたり、今までできたことが出来なくなったりする変化に、誰よりも先に本人が気付いているはずであるが誰にも言えない事が不安になり、怒りや悲しみから自分を守ろうと自己防衛反応が働いているのです。
家族であっても本当に理解することは容易ではありませんが、これもひとつの表現であることを知っておきましょう。
認知症は誰しもが起こりうる可能性があり、また、認知症介護は長期にわたることが多いので、介護者のストレスも軽減しなくてはなりません。

「介護、認知症初期集中支援」について03 私が経験した時は今の様に多職種の連携がまだされていない時だったので相談するところもなく、うつ状態に陥りそうな時もありましたが、ケアマネジャーの方と話すだけで楽になりました。
認知症ケアでストレスをためないために、一人きりで抱え込まず、一日も早く、周囲の人や支援センター(市町村各治自体にて開設されている)に相談しましょう。

次回は介護者のためのストレスチェックなどを紹介したいと思います。

(著:チェリー調剤薬局明和店 管理薬剤師  常務取締役 高津政明)



★ チェリーコラム HOME はこちらから ★