「かかりつけ調剤薬局」を目指すチェリー調剤薬局グループのチェリーコラム。

  1. ホーム
  2. チェリー調剤薬局
  3. チェリーコラム
  4. 高尿酸血症(痛風)

チェリー調剤薬局の薬剤師がつづるチェリーコラム

 

高尿酸血症(痛風)

高尿酸血症(痛風)高尿酸血症ってなに?
尿酸という名前から「尿」の「酸」のことだと思われやすいのですが、尿酸はひとつの物質の名前です。尿酸のもととして食品に含まれる「プリン体」が有名ですが、食品のプリン体から作られる尿酸は全体の約20%に過ぎず、残りの80%は体内で作られるエネルギーのもえかすと遺伝子が分解されることによって生じる老廃物です。できた尿酸は、尿の中に排泄され体内の尿酸の量(尿酸プールといいます)は常に一定に保たれています。

尿酸プール
尿酸プールが約1gで体内で合成(約500㎎)食べ物から(薬100㎎)で体内で作られる尿酸は(約600㎎)そして主に尿中に排泄される量は(約600㎎)であり尿酸プールの1gを維持している。体内で作られる尿酸の量と体の外へ、排泄される尿酸の量のバランスが崩れると尿酸値が高くなる。


高尿酸血症(痛風)痛風ってどんな病気?
痛風発作は痛風関節炎ともいわれ、尿酸の結晶が関節に沈着することで起こります。発作はある日突然に起こり、腫れと激痛を伴うのが特徴です。関節炎の起こりやすい場所;足の親指の付け根・足首・足の甲・膝・手首・肘等です。

痛風が起こるしくみ
尿酸値が7.0mg/dlをこえた状態が長く続くと、血液に溶けきらなかった尿酸対が結晶化して、関節に沈着します。ストレスや激しい運動、尿酸値の急激な変動など何らかのきっかけで、沈着した結晶がはがれ落ち、白血球がそれを排除しようと格闘します。その結果、痛風発作が起きます。


高尿酸血症と痛風(生活習慣の改善)
高尿酸血症(痛風)①食事の量を抑え体重を落としましょう
■適正なカロリーを守りましょう
※標準体重(身長(m)×2×22)×25~30kcal
■プリン体のとりすぎ注意
プリン体の多い食材の食べる量と頻度を意識して魚卵・内臓などのプリン体の多い食品は「たまに」「少し」にして楽しんでください。
■アルカリ性食品を積極的に取りましょう
尿酸値が高いと尿が酸性になり、尿酸が溶けにくく尿路結石ができやすくなります。野菜、海藻、牛乳などのアルカリ性食品を積極的にとるとともに、水分を十分に取りましょう。

高尿酸血症(痛風)②アルコールを減らしましょう
ビールにプリン体が多いという話は有名ですが、ビールに限らずアルコールそのものが尿酸値を上げる原因になります。お酒の種類によって違いはありますがたくさん飲んだら一緒です。尿酸値が高い人はなるべくお酒を控えましょう。

③水分を十分にとりましょう
尿酸は尿から排泄されるため、尿の量を増えれば、体内の尿酸が体の外へ出やすくなります。心不全や腎不全で水分制限の指示を受けているような場合を除いて、1日2Lを目安に積極的に水分をとりましょう。
※果糖や砂糖を含む甘いソフトドリンクは痛風リスク上げるため注意しましょう。

④適度な有酸素運動をしましょう
肥満の解消、尿酸値の高い人に合併しやすい生活習慣病の予防も兼ねて運動をすることが推奨されています。ただし、激しい運動をするとエネルギーの燃えかすである尿酸が増え、尿酸値を上げる原因になるので要注意。早歩き、水泳、ジョギングなどの軽い有酸素運動を継続して行うのが効果的です。

高尿酸血症(痛風)⑤ストレスを上手に発散しましょう
痛風になる人は、せっかちで行動的な人が多いといわれています。食事をすれば早食いに大食いで、仕事はバリバリこなし、プライベートでもじっとしていられない・・思い当たる方いませんか?こうしたタイプはの方はストレスにさらされやすく、ストレスは尿酸値を上げるといわれています。ですのでストレスを解消することが大切です。
その発散法が飲酒や過食では、逆に尿酸値上げる結果になります。
十分な睡眠、適度な運動など、体に優しい自分なりのストレス解消法を見つけてください。


高尿酸血症(痛風)今回は高尿酸血症(痛風)について紹介させて頂きました。健康診断などで尿酸値をみて気になる方は多いと思います。今回記載させて頂いたように日頃の生活習慣の改善することで尿酸値は変わると思います。
少しでも皆様の健康にお役立てできればと思います。

お薬のことでお困りの方などお気軽にご相談ください。


(著:黒瀬店 管理薬剤師 岩本 直美)



・ チェリーコラム HOME