「チェリー調剤薬局」の取り組みについて、「かかりつけ調剤薬局」を目指すチェリー調剤薬局グループのチェリーコラム。

  1. ホーム
  2. チェリー調剤薬局
  3. チェリーコラム
  4. 「チェリー調剤薬局」の取り組み

チェリー調剤薬局の薬剤師がつづるチェリーコラム

 

「チェリー調剤薬局」の取り組み

このように、患者様お一人おひとりが安心して薬局に来ていただけるよう、そしてチェリー調剤薬局が地域の『かかりつけ薬局』となれますよう日々励んでいます。


スタッフ一丸となり患者様満足度向上を目指しています


全ての薬剤師が、ファーマシューティカルケアの概念のもと、常に患者様の心と身体に寄り添ったコミュニケーションを心がけています。


患者様だけではなく、地域住民の健康をサポート!!


「チェリー調剤薬局」の取り組み01

日本再興戦略において「薬局を地域に密着した健康情報の拠点として、OTC等の適正な使用に関する助言や健康に関する相談、情報提供を行う等、セルフメディケーションの推進のために、薬局、薬剤師の活用を促進する」、経済財政運営を改革の基本方針2015では「かかりつけ薬局の推進のため、薬局ぜんたいの改革について検討するとともに、薬剤師による効果的な投薬・残薬管理や医師との連携による地域包括ケアへの参画を目指す」とされました。
私たち薬剤師は、患者様だけに対して力を発揮するのではなく、地域住民みなさまの健康をサポートする「まちの健康ステーション」として活躍していかなければなりません。
また、地域包括ケアシステムの中で、患者様の安全確保と医療の質の向上を図るために、患者様から選ばれた『かかりつけ薬局』『かかりつけ薬剤師』が、かかりつけ医を中心とする他職種と連携しながら、その責務を果たしていくことが必要です。


薬剤師力だけではなく、社会人力を併せ持つ薬剤師の育成に取り組んでいます


「チェリー調剤薬局」の取り組み02

医療に携わる者として、知識だけでは信頼される薬剤師にはなりません。知識(薬剤師力)も当然必要ですが、同時に社会人としてのマナーや必要事項(社会人力)を併せ持つ薬剤師でなければ本当の意味での医療人とは言えず、地域社会から信頼を得ることは出来ません。
薬剤師力・社会人力を併せ持つ薬剤師の育成のため、全店勉強会、各地区勉強会、安全管理勉強会などの勉強会や地域貢献活動も行っております。

 

「チェリー調剤薬局」の取り組み03

みなさまの『かかりつけ薬局』になれますような信頼出来る身近な薬局を目指しております。あなたの体質や病状等をしっかり把握し、健康をサポート致します。
地域に暮らす人々の健康や暮らしを守るということも、『かかりつけ薬局』の大切な役目です。
私たち、チェリー調剤薬局スタッフは地域のみなさまから信頼していただける、笑顔が集まる場所を目指し「笑顔」と「心配り」で毎日患者様をお迎えしております。
健康やお薬のことで何かご不安なことがございましたら、お気軽にご来局・ご相談下さい。

(著:チェリー調剤薬局 押加部店 薬剤師 山田智子)



1. 「薬剤師」の仕事ってご存知ですか?
2. 「かかりつけ調剤薬局」とは?
3. 「地域貢献活動」について
4. 「チェリー調剤薬局」の取り組み